悩んでいる女性
落ち込んでいる女性
笑顔の女性
考えている女性

低容量ピルは避妊のために使用されるピルの中でも、成分として含まれる卵胞ホルモンの量が50マイクログラム以下のものを差します。
成分としては卵胞ホルモンと黄体ホルモンの二つが主成分として使用されているのですが、ではどうしてこの低容量ピルを使用すると避妊の効果が期待できるのかというと、これは体内のホルモンバランスが関係しています。

まずそれぞれのホルモンの作用について確認をすると、卵胞ホルモンは排卵を促す作用、黄体ホルモンは身体に対して受精と妊娠の準備をさせる作用があります。
一見すると避妊するというよりは妊娠しやすくするために使用されるようにも見えますが、これらのホルモンが低容量ピルを通じて女性の体内に入ると、ホルモンの量を確認しつつ分泌を促す脳下垂体が「十分な量のホルモンが既に存在している」として判断します。
十分な量のホルモンが体内にあると脳下垂体が判断したのであればそれ以上ホルモンの分泌がされることはありません。
結果として卵巣は休止状態に入りますから排卵は起こらなくなり、排卵が起きなくなれば受精・妊娠の可能性は低くなるのです。
また作用としてはこれだけではなく、子宮内膜に対して働きかけて受精卵が着床しづらくする、子宮頸管の粘膜を変質させて精子が入り込みづらくするというような作用もあり、避妊において非常に大きな効果を期待できるのです。

また、近年ではこの低容量ピルの働きを利用して「妊活」に活用するというような動きも広まってきました。
避妊と妊娠をするための妊活は全く逆のようにも見えますが、これはピルの働きによって卵巣が休止状態に入るということが重要なポイントです。
ピルを服用したからといって女性の機能が失われるということはなく、服用を中断してしまえば身体のサイクルは本来の機能に戻ります。
そして卵巣が復帰した直後に作られ卵胞は通常の状態と比べても状態が優れており、排卵時に妊娠しやすくなるとされているのです。
加えて現代では、女性であっても企業に勤めて働くというような生活が一般的に普及してきました。
そうした中で感じるストレスはこれまでの比では無く、またストレスが増えればそれだけホルモンバランスは崩れやすくなってしまいます。
これによって卵巣がんや卵巣出血、月経前症候群といったような諸症状に対しても予防・改善効果が期待できるとされていますから、低容量ピルは今後さらに普及していくことが予想されているのです。

記事一覧
低容量ピルを安く購入するには個人輸入が便利! 2019年09月29日

女性の方で避妊薬として低容量ピルの服用をお考えの方、すでに飲んでいる方も多いのではないでしょうか。ピルは経口避妊薬として普及し、今では気軽できる避妊方法です。低容量ピルを使用するメリットですが、まず一つに、女性自身がひとりで出来る避妊法なので、パートナーに避妊を言いにくかったり、望まない妊娠を防ぐこ...

低用量ピルなら基礎体温の読み違えでの失敗を回避できる 2019年11月22日

生理のある健康な女性に取って、男性とセックスを行うということは、妊娠をするという可能性は必ずあるもので、子供を望んでいないのであれば、避妊対策を取る必要があります。女性の中には、基礎体温を計り自身の体調を管理している方もいますが、女性の身体はちょっとした環境の変化やストレスなどでも影響をもろに受けて...

女性ホルモンのエストロゲンの含有量で決まる低用量ピル 2019年10月27日

成功率の高い避妊を実行したくてピルの仕様を考える方が増えています。欧米ではごく一般的な避妊法であるピルですが、日本では現在徐々に使用者が増えている段階です。ピルは安全性が高く、避妊の成功率も高いメリットの多い避妊方ですが、どのようなメカニズムで避妊をするのかはあまり知られていません。ピルに含まれてい...

低用量ピルのマイナートラブルって何? 2019年09月25日

低用量ピルは女性が自分で妊娠や体調をコントロールできる大変便利で効果的な薬です。欧米では保険適用となっているため、多くの女性が生活の中に取り入れて活用しています。日本では低用量ピルは保険適用外ですので、一ヶ月に3000円から5000円ほどかかりますが、それでも生活のクオリティを引き上げるのに欠かせな...

低用量ピルのメリットと正しい服用方法とは 2019年09月23日

低用量ピルは女性が自分の意思で避妊をコントロールできる最も安全で確実な避妊方法の一つです。正しい服用方法に沿って利用することで、避妊をすることができます。欧米ではこのような低用量ピルによる女性による避妊はごく一般的に行われてきましたが、日本でも低容量ピルを利用される方が増えてきました。日本で許可され...

低容量ピルの種類とその効果 2019年09月20日

女性が自分の意思で妊娠をコントロールできるのが低用量ピルです。コンドーム、リングなどさまざまな避妊法がありますが、その中でも最も安全で確実な避妊方法でもあります。ピルにはいろいろな種類がありますが、日本で販売されていて処方してもらえるのが低容量ピルです。これは排卵を止めることができるので自分の意思で...