• ホーム
  • 低用量ピルのマイナートラブルって何?

低用量ピルのマイナートラブルって何?

微笑む女性

低用量ピルは女性が自分で妊娠や体調をコントロールできる大変便利で効果的な薬です。
欧米では保険適用となっているため、多くの女性が生活の中に取り入れて活用しています。
日本では低用量ピルは保険適用外ですので、一ヶ月に3000円から5000円ほどかかりますが、それでも生活のクオリティを引き上げるのに欠かせない薬となってきています。
低用量ピルのメリットはなんといっても避妊が自分の意思でできるという点です。
コンドームのように異性の協力の必要なく自分の意思で妊娠をコントロールできるのが低容量ピルの最大のメリットです。
そのほかにも、月経困難症を改善する働きもあります。
月経に伴う痛みやだるさを改善したり、旅行や試験など大事な日取りに月経がぶつからないように工夫することもできるので生活のクオリティを引き上げることもできるのです。
また、子宮内膜症の治療に使われたり、ニキビ肌の治療に使われたりとピルはさまざまな働きをしているのです。

ただし低容量ピルを使用するにあたってはマイナートラブルと呼ばれる症状が出ることもありますので注意が必要です。
マイナートラブルは低容量ピルを飲み始めてから一ヶ月から二ヶ月程度まで感じる症状で、頭痛や体のだるさなど風邪の初期症状のような形で出ることがあります。
乳房が張ったり不正出血があるのもマイナートラブルの代表的な症状です。
またピルは乳がんのリスクを高めると考える方がいますが、同時に子宮がんや卵巣の負担を軽減しガンのリスクを低めるというデータもありますので一概には言えません。
ピルのマイナートラブルをしっかり認識した上で、低用量ピルを有効活用して避妊や月経困難症に役立てましょう。