• ホーム
  • 低容量ピルの種類とその効果

低容量ピルの種類とその効果

考える女性

女性が自分の意思で妊娠をコントロールできるのが低用量ピルです。
コンドーム、リングなどさまざまな避妊法がありますが、その中でも最も安全で確実な避妊方法でもあります。
ピルにはいろいろな種類がありますが、日本で販売されていて処方してもらえるのが低容量ピルです。
これは排卵を止めることができるので自分の意思で妊娠をコントロールしたり、月経を止めて大事なイベントに備えたりすることができます。
低用量ピルの種類にもいくつかあり、ワンシート21錠のピルを服用して7日間休むタイプと、21錠のピルと7つの偽薬がセットになってワンシートとなっているものがあります。
始めてピルを飲む方や、飲み忘れが心配な方は毎日の習慣付けができる偽薬がついた種類の方が飲み忘れなく利用できます。
低用量ピルは決められた期間しっかり飲み続けることが何よりの条件になり、飲み忘れたりきちんと正しい服用ができないと効果がなくなってしまうので、アラームなどを利用して飲み忘れがないように毎日の習慣にすることが大事です。

低容量ピルの効果として最も利用されているのが妊娠のコントロールです。
コンドームとは違い、女性が自分の意思で妊娠をコントロールできるので人生設計にも役立てることができるのがメリットです。
実は低容量ピルの効果は避妊だけではありません。
月経困難症に苦しむ方や子宮内膜症にかかっている方はこうした低容量ピルが処方されることがあります。
服用することでこうした症状が改善されるのです。
また、月経をストップすることができるので結婚式や旅行など大事なイベントの際に生理が重ならないようにずらすことも可能です。
低用量ピルは服用をやめて3ヶ月すれば元通りの月経が開始され、妊娠可能となる安全な避妊法です。